トピックス

水が甘い海の牡蠣は旨い、畔蛸の岩牡蠣。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Rのつかない月は牡蠣食うな。」と言う諺がありますが、牡蠣の世界でも季節の移り変りです。

いままで主役であったマガキから、夏ガキと呼ばれるイワガキに入荷される種類が入れ替わってきました。

因みに、この諺には筆者若干の異議を唱えたいと思います。

正しくは、「産卵のために身が痩せて、水っぽくて美味しくないから食べるな」です。

しかし、Rがない月でも、牡蠣の種類や産地を厳選すれば美味しい牡蠣はいつでも食べることが出来るんです。

季節感も味わうのなら春の訪れイワガキに決まり、昨日に続き今日もブランド牡蠣を紹介します「畔蛸の岩牡蠣」です。

ブランドの証「アダコ/TOBA」のタグが付いています。的矢湾あだこ岩がき協同組合が地場牡蠣と認定したモノだけにつけられる勲章です。

古来より、「水が甘い海の牡蠣は旨い」の格言通り、いくつもの河川が複雑に流れ込む伊勢湾産の牡蠣は味の良さでは定評があります。

日本人の牡蠣への評価は、「太ってクリーミーなモノが良い」とされています。

そんな日本人の嗜好にピッタリ合った「畔蛸の岩牡蠣」は、殻いっぱいに育ち甘くて濃厚、クリーミーで旨みがある逸品です。

お洒落に殻付き生牡蠣、マイ牡蠣剥きナイフで殻を開けるのも楽しいですよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー