トピックス

水っぽくないカキフライ?本当に出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唐突ですが、牡蠣がだんだんと美味しい季節になってきました。

しかし、まだまだ出始めで価格は・・・・・。たっ、高い!

袋に入った剝き牡蠣、な、なんと、1キロ5千円近い値段です。広島産では仕方がないですね。

そんな値段を聞いてしまったら、出した刀を鞘に戻すしかないと一瞬考えたのですが・・・・・。

カキフライが食べたいと言う欲求に負けてしまい、、仲卸の元熊で宮城県産「大粒」500グラムを購入しました。

値段は広島産の2/3程度で決して安いものではないですが、大粒と言う名に相応しい身の大きさに魅かれていまいました。

そして、自家製カキフライ作りに初挑戦です。と言ってもレシピはスマホを見て、勝手に決めました。

水っぽくない仕上がりのカキフライ、ちょっと魅かれる表題だったので即座に決めました。

ポイントは2点。

①塩水で丁寧に牡蠣の身を洗うこと。

②キレイに洗った牡蠣を5秒程度熱湯に湯通しすること。

加えて余分な水分はキッチンペーパーで拭き取り、薄力粉を牡蠣の身全体に塗してあげること。

出来上がりは、初めて作った割には上手くいったかもしれません。

と言うよりも、誰でもそこそこに作れるんだと再認識。

水っぽくない仕上がりになったものの、もう少しジューシーさも欲しかったかな。

ちなみにタルタルソースは家内に作ってもらいましたが、個人的な意見ですがカキフライにはタルタルソースが合いますね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー