トピックス

氷の妖精クリオネ登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末ぐらいに横浜市職員の人から「まだクリオネ来ないね」と言われ、クリオネも入荷するの?と半信半疑な気持ちでずっと待っていました。本日、セリ場でやっと妖精に出逢えました。

密閉されたジャムの瓶みたいな容器に3匹入って登場。クリオネは和名が「ハダカカメガイ」で殻のない巻貝の一種です。流氷とともに北海道のオホーツク海にやってきます。

天使が羽根を動かすように、水中を泳ぐ姿は私達の目を楽しませてくれます。

実はこのクリオネ、北海道ではスーパーに売っているそうです。

食用?観賞用?聞く必要ないですよね。(笑)実は家庭でも飼育することが出来るそうです。

飼い方は温度調節に気を付ければ意外と簡単だそうで、クリオネの生息温度0~4℃、冷蔵庫内で一定温度を維持設定可能な温度帯なんです。

エサは、一生に1度しか食べないという説もあり、はっきりしたところは判っていません。エサなしでも温度と海水の状態、雑菌による汚染度合により1年くらい生きることもあるそうです。

冷蔵庫にクリオネがいたら楽しいでしょうね。

IMG_8480 IMG_8483 IMG_8487

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー