トピックス

江戸前、東京湾のマコガレイが入荷中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、特種課の本牧、小柴から気になるサカナ、マコガレイが大量に入荷しています。

今が旬なの?と調べてみると、東西南北縦横に長い日本なので多少の時期のずれが生じますが、これより夏に向けてどんどん美味しくなるカレイです。

「夏ガレイは犬も食わぬ」と言われ、カレイの大半は冬が旬と言われています。

しかし、マコガレイや鰈の王マツカワ(松川)の旬が、春ごろから初夏と言われているので、前記の喩えは余りにも酷すぎると思います。

当市場には本牧・小柴の他に、富岡より活けのマコガレイが入荷しセリにかけられています。

入荷されると、仲卸・買参人などの買受人が必ず目利きのため行う行動があります。

①身肉の厚みを入念に触って確認。(厚いモノを選びましょう。)

②表裏を確認して、身の擦れを見ています。(鬱血しているものはなるべく避けましょう。)

筆者は最初②の事を知らず、少し鬱血したマコガレイを買って食べましたが、煮付けで食べたせいなのか正直そんなに気になりませんでした。

おそらく良し悪しの差が大きく出るのは、生食=刺身だと思います。

マコガレイの刺身は、平目を遥かに凌ぐとも言われ、誰が言ったのか「刺身の王様」とも言われているそうです?

シコッとした食感と旨みを楽しめ、勿論縁側も美味しいですよ。

江戸前、東京湾内湾のマコガレイがたくさん入荷してますよ、要チェックです。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー