トピックス

沖縄県近海産の143.6㌔、本マグロ入荷しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなりレアものが入荷しているとフグ太郎くんから情報を得て、大物低温倉庫に出向きました。

勿論ターゲットは、本マグロ。

沖縄県那覇市泊から出荷された143.6㌔の巨大本マグロ、沖縄近海はえ縄漁で獲られたものです。

まあ、兎に角デカイです。

隣りに極洋より出荷されたメキシコ産養殖本マグロ35.2㌔が並んでいますが、大人と子供くらいの魚体に差があります。

ただデカイだけじゃなく、身質もかなり良いようです。

天然と養殖の差があるものの、尾切りした断面の違いに驚かされます。

沖縄産天然本マグロの赤身は今まで見たことのない赤さで、通常質の悪いモノだと、赤い箇所が直ぐにどす黒く変色してしまうそうです。

腹の中は、大物の仲卸の方が是非中身も画像に残しなと言われ、撮影のお手伝いを頂きました。

薄いピンクで身もしっかり肉厚で、脂ものって非常に良さそうです。

マグロは一般的に1㌔の体重を増やすために、15~20㌔の餌を食べると言われています。

では目の前にいる143.6㌔の本マグロは、少なくても2~3㌧の餌を食べていることになります。

一体この本マグロは何歳なんでしょうね?

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー