トピックス

沢山の名前を持っています。メヒカリ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場に鮮魚と丸干しとして姿を見せています。メヒカリ。

標準和名は、トカボッチ。一般的にはメヒカリ(目光)。

正式名称は、アオメエソと呼ばれています。

そして写真を見てもハッキリ判別が出来ませんが、アオメエソ科にはアオメエソとマルアオメエソの2種類がいるんですが、両者はほとんど区別されていないようです。

識別するポイントは、等長の長さと眼径の大きさで、何となく写真の中にも2種が混在している様にも感じます(苦笑)

メヒカリの旬は、冬から春先にかけて。身は白身で柔らかく、比較的脂がのっています。

このため、一夜干し、丸干しを素焼きにしたものが美味しく人気があります。

1990年代始めの頃は、単に雑魚のたぐいでしたが、現代人の嗜好の変化から、見直された深海魚です。

現代人は、脂のりのりが大好きですから、魚の旬も脂のり基準に変わりつつあります。

IMG_2025 IMG_2040 IMG_2211

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー