トピックス

注目の的!! 『下浦の朝どれ』は人気になる理由があるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムムム・・・

セリ場に人だかりが出来ているぞ・・・

気になる注目の的は・・・

三浦市南下浦町の㈱魚敬さんの朝どれ魚が、昨日に引続き今日も入荷!!

横浜市場では『下浦』の愛称で呼ばれています。

なぜ?人気があるか? 源波部長に伺いました。

魚敬さんは早朝3時に出港し、4時に水揚げを行い、活締めを行ってから6時前後に横浜市場に入荷するとの事。

水揚げ後、すぐに活締めされた魚は仲卸さんの注目になるわけですね。

素晴らしいイシダイです。

 

仲卸さんいわく、元々『シコイワシ』は『下浦』の代名詞のような魚

この輝きは、仲卸さん達の注目を集める訳ですね。

昨日に引き続き大量入荷となりましたが・・・

いざ、セリが始まってみれば・・・

即。完売御礼。

人気があるため、手板が乱舞してます・・・

下浦の朝どれ鮮魚、いかがでしょうか~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー