トピックス

活アワビと豊洲新市場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県産の活アワビが入荷していました。

三陸のアワビ漁は11月から解禁され、翌月の12月までと短い期間の漁です。

天候によっては僅か7日間しか漁に出れない事もあり、資源保護に努めている事でも有名です。

昨年獲れたアワビが、なぜ【活】で入荷してくるのか?と言うと、活魚槽施設で活かして出荷調整を行っているからなんです。

三陸アワビは良質な昆布をたっぷり食べ、肉厚でとても美味しいアワビです。

今日の活アワビは築地市場から転送されてきた商品でした。もうすぐ豊洲新市場が開場しますね。

東京都中央卸売市場のHPに内部の動画が公開されていました↓

アワビの解禁は11月。豊洲新市場の開場も11月。もうすぐだ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー