トピックス

海に緋鯉?オジサンです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発泡スチロールのケースにコイ?どことなく鯉のように見えるけど、緋鯉にしては、体色の赤が違うイメージ。

営業一部源波部長に尋ねてみると、おじさんだよ。下あごに2本のひげがあってオジサン。これは面白いと思い、下あごもしっかりチェックしました。

オジサンは、スズキ目ヒメジ科、ウミヒゴイ属の魚で、生息場所は日本では駿河湾から南の水深140メートルくらいまでの珊瑚礁に生息しているそうです。

チャームポイントの長いヒゲは、泳いでいるときには下あごの溝にたたみ込み、海底でエサを探すときに、そのヒゲをせわしなく動かして小動物などを探して食べます。

また、このヒゲは舌の役目もして、味を感じることができるそうです。

肝心の味の方ですが、皮は厚く甘い香りを感じ、透明感のあるあっさりとした白身魚です。

新鮮ならば刺身、中華料理の油淋鶏に使ったり、ポワレ、フライもいけるそうです。

沖縄ではお馴染みのオジサン、食べる価値ありますよ。

IMG_0045 IMG_0044 IMG_0038

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー