トピックス

淡路の森水産出荷のサカナ見つけた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者とフグ太郎くんは、いつもHand To Mouth。

と言っても二人とも家庭をもって、ちゃんと仕事もし、妻や子供を養っています。

いつも「その日暮らし」になっているのは、ブログの素材探しです。

その日の早朝にセリ場で、2人も題材が被らぬように必死に探しています。

そんな必死な形相の中、いつも優しく声をかけてくれるのが(株)森水産東京の大庭さんです。

オオグソクムシや砂エビなど、声をかけてくれなければ画像に残すことが出来なかったものなので、感謝、感謝です。

そして今日、おおっ「立派な腹回りしたサワラ」と思って近づいて被さっているシートを凝視する。

すると、もう1度おおっ。何処かで見た赤い淡路島のマーク。

 

兵庫県淡路島の㈱森水産より出荷された2尾入り7~10㌔のサカナでした。

隣りにも他県のサワラがパレットに積まれていましたが、う~ん、コメントは控えさせて頂きます(笑)。

一緒に(株)森水産のサカナを見ていた森滝の社長も、イイよなと一言。

サワラの体表の斑紋は、脂がのってくるとぼやけてくるそうです。

きっと脂のってますよ、このサワラ。

古来より、御食つ国(みけつくに)として朝廷に山海の幸を献上してきた淡路島。

大阪湾、播磨灘、紀伊水道と言う恵まれた漁場に四周を囲まれた好立地、淡路島のサカナは非常に人気があります。

特種課瀧澤社員に値段を聞くと、値段は他に比べ安めで、しかもモノが良いのでお買い得とのこと。

淡路島のサワラ、漬け魚にして食べたいな。

でも何キレ切り身が取れるんでしょうね、このサイズで。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー