トピックス

深海魚?ヨロイイタチウオ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりセリ場で見かけない魚を発見しました。ヒゲダラです。

正式名は、ヨロイイタチウオ。関東では、ヒゲダラと呼ばれていますが、タラの仲間ではございません。

外見が金属の西洋甲冑を思わせるため、日本の魚類学者である田中茂穂がヨロイイタチウオと命名したそうです。

見た目が悪い方が美味しい魚が多いようで、このヒゲダラも高価で美味しいそうです。旬は秋から冬にかけて、正に今がトップシーズンです。

九州や山陰、紀伊半島など西日本では馴染みの魚ですが、東日本では駿河湾でも時折獲れるようですが、数は非常に少ないようです。

身質は上質な白身、しかしタラのように頼りなさを感じる柔らかさなので、塩と昆布で締めると良いようです。

高級魚に属するヒゲダラ、なかなか遭遇することは難しいと思いますが、食するチャンスがあったら是非お試し下さい。

IMG_7202 IMG_7200 IMG_7199

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー