トピックス

深紅のイカ、ダルマイカが入荷しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県よりダルマイカが入荷しました。

どうですか、深紅の輝き。

美的才能や美術鑑賞の趣味がある訳ではありませんが、自然が織りなす色彩の美しさに言い知れぬワクワク感を覚えます。

ダルマイカは、標準和名ではなくケンサキイカが正式名ですが、シロイカ、アカイカ、マイカなど地方によって様々な呼び名があります。

中でも玄界灘はケンサキイカの産地として知られ、佐賀の呼子は「ヤリイカ」と呼ばれ、活造りで有名です。

スルメイカに比べると柔らかくて癖のない上品な味をしており、「鯣(スルメ)」の原料としては“一番スルメ”と呼ばれるほど需要価値があります。

一番スルメとは、日本から中国に献上品としていた時代につけられた等級です。

・一番スルメ:ヤリイカあるいはケンサキイカの乾燥品

・二番スルメ:スルメイカの乾燥品

・甲付スルメ:シリヤケイカの乾燥品

・袋スルメ:アオリイカの乾燥品

正直スーパー、量販店の店先に並べられることがない高級イカの一種です。

良いダルマイカの目利き方法は、目が美しい黒であること。表皮の色が鮮やかな赤色であること。

ちょっと触ったら、すーっと色が変わる状態だと、とても鮮度が良い証拠です。

売り物ですから当然直接触りませんが、手板(緑色の紙)が触れただけで表皮が反応していた目前のダルマイカ。

鮮度は自信あり、でも少し寝か(熟成させる)した方が旨みも増して最高に美味しいですよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー