トピックス

漁業は水モノ、水商売。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漁業は水モノといいますが、今回は正にその言葉を地で行く状況が・・・・。

昨日、平塚市漁協に出かけ、漁からの帰りを待っていると、連絡が入り全く駄目、”不漁”とのこと。

前日まで潮の流れがきつく、通常の時間での漁は控え、朝の遅い時間に出漁時間を変えたり、色々工夫していたそうです。

仕立てられた発泡ケースが4箱、活けヤリイカで数箱と散々な結果ですが、漁師の方がショックは大きいはずです。

自然が相手の漁業、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」博打とはいいませんが、船を出せば原油代、人件費他経費がかかるので、せめて経費を補える分のそれなりの釣果がないと、社員を食わせていけません。

大袈裟な言い方ですが、毎日が生死をかけた真剣勝負です。社員の生活が親方の手腕にかかっていますよ。川長三晃丸、磯崎社長、これからもよろしくお願いします。

相模湾に放牧しているマグロ、そろそろ入荷期待してますよ。(笑)

IMG_0447 IMG_0448 IMG_0461 IMG_0466

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー