トピックス

漁獲対象は「大きく育ったオスのみ!」旬の恵みは厳しい資源保護から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手間いらず!!

パン粉付けしておきました!!

 

・・・そんな訳ございません。。。

全身「おがくず」に包まれ、脚に大量のを持つカニと言えば・・・

 

北海道噴火湾産『活毛ガニ』が入荷しました。

本日入荷の毛ガニは「オス」

 

・・・と言うよりも、市場に入荷する毛ガニは「オスのみ」なんです。

 

渡部次長に伺いました。

北海道では毛ガニの資源を守るため、メスは一切漁獲しない。

またオスも甲羅の大きさ(8センチ以上)が小さい物も漁獲しないとの事。

噴火湾の漁期は6月20日から3週間と短く、漁獲枠も限られているため、活毛ガニは今が旬!!

パン粉・・・では無く、「おがくず」をまとった元気な活毛ガニ!いかがでしょうか~

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー