トピックス

火星での常用食になる日も近い!? ふっくら美味しい~いなごの佃煮。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数々のロングセラーを生み出している茨城県霞ヶ浦の佃煮老舗『小沼水産』さんの『佃煮お惣菜』シリーズ

わかさぎ飴煮を食べた時の感動は今でも忘れられません・・・・

 

今日の主役はこちら↓

いなご甘露煮です。

実は・・・隠れヒット商品なんです。

水野セリ人に伺ったところ、神奈川県の相模原などは稲作地域のため食文化が有るとの事

「ほぉ~」勉強になります。

フグ太郎君が余りにも「じぃー」っと見ていると・・・

「試食してみる?」と、なんとも有難い一言を。

なかなかインパクトが強い一コマ。

パクッと頂きます。

実は、フグ太郎君も稲作地域出身なので、この小エビを食べた時のような旨味と程よい甘味は良く知っている味なんです。

小沼水産さんの商品は「ふっくら炊き上げる佃煮製法」と言う事なので、程よい歯ごたえが残りつつ、旨味と甘味が口に広がり美味しい一品。

仲卸さん達もパクパク・・・

心理的嫌悪感が強い食材ですが、将来人類が火星に移住する際の食料としての研究もおこなわれているとか・・・

その時は、魚市場からイナゴの佃煮を持って行きますか。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー