トピックス

焼き魚の頭はどちら向き?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

良い形のカマスが地元神奈川の横須賀(有)井本水産より入荷しております。

アカカマスは秋の魚との認識が高いのですが、今の時期から入荷があり、梅雨明け頃にはミズカマス(ヤマトカマス)が混ざってきます。

身に水分が多いので干物にして焼いて食べるのが一般的です。この種の魚は水分を抜くと非常に旨味が増しますので「干物になる為の魚」とも言えます。

ところで、焼き魚の頭はどっち向きが正解なのか知っていますか?魚の頭の向きは「左」が正解です。

日本料理のマナーで魚の場合は、食べる側から見て頭の方が左、お腹の方が手前にくるようにするそうです。

日本人は右利きが多く、魚の頭が左の方だと、右手でお箸を持って食べやすいこともあり、習慣からもきています。

また、日本では昔「左が上位」という考えがあり左側が右側よりも上位でした。

例えば、昔の官職には、左大臣と右大臣があり、左大臣の方が右大臣よりも位が高いのです。また、ひな祭りに飾るひな壇では、男性が左の位置に並べるのが古くからの並べ方だったのです。

IMG_5753 IMG_5750 IMG_5787

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー