トピックス

煮ても焼いても食べてみたいカサゴ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今だに購入することができていません。笠子です。今日も横浜の行丸さんから入荷しています。

鯛や金目鯛のように目立った存在ではないですが、見ていて美味しそうと感じさせる不思議な魚です。

一般的にカサゴの旬は冬から春にかけてとされていますが、一年を通じてほとんど味が落ちないのが特徴です。(※一年中入荷がある理由です。)

産卵前は春の産卵期を境に味わい方が異なり、春頃までは出産に向けて丸々と太った子持ちを、産卵期を過ぎてからは産後たっぷり餌を食べて身に脂ののったカサゴを楽しめますよ。

カサゴはほどよい脂があり低カロリー、100グラム当たり85キロカロリーしかありません。それでいて高タンパクですからダイエット中には最適な食材だと思います。

骨を丈夫にするビタミンD、貧血予防に最適なビタミンB12も含まれ、育ち盛りのお子さんや高齢者の方にも最適な食材です。

せっかくカサゴを買うなら、しっかり目利きをしたいですね。選ぶポイントは、色がキレイに発色しているもの、目の澄んでいるものが鮮度が高い証拠です。

そして必ず指で軽く押してみて、身の硬さも確かめて下さい。鮮度抜群なものは、身が硬くしっかりしてます。

親子4人分買ったらいくらするんでしょうネ?!

IMG_1212 IMG_1185 IMG_1213 IMG_0943

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー