トピックス

物騒な呼び方「鍋こわし」トゲカジカ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンコウのように腹を上にして並べてあるサカナを発見。カジカ、正式にはトゲカジカです。

鍋こわしなんて物騒な呼び方をされていますが、その名前の由来は諸説あり、あまりにも美味しいので鍋を壊すくらい箸で突っついて食べるためと言う説と、全く真逆な説、とてもマズイので鍋ごとたたき壊したくなるからと言う説もあるそうです。

裏側だけみているとコチのようですが、とにかく頭がデカイ、蛙みたいな顔をした不細工なサカナです。お決まりのようですが、不細工なサカナは美味しいんです。

カサゴなど同じように骨から出汁が出るタイプの本種は汁もの。(味噌汁、鍋)で食べるのが唯一無二の方法とも言われています。味噌との相性は抜群らしいですよ。

鮮度が良ければ生食、刺身でも大丈夫らしいのですが、結構な確率で寄生虫(線虫)の一種アニサキスが内蔵に潜んでいるので要注意です。

水産物の取り扱いを生業としている当社社員でも、トゲカジカを食べた経験のある社員はそう多くはないと思います。

img_2307 img_2308 img_2309

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー