トピックス

王道のブリレシピに飽きたら、カレー風味はどうですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道から大量にブリが入荷してます。

全てをセリ場に並べることが出来ないので、外で待機中です。

おやじギャグじゃないですが、ブリブリしたブリの入荷が増えて来てます。

仲卸は魚を選ぶ時、必ず目視し、ある場所を触ってチェックしています。

では(寒)ブリの目利きポイントをお教えします。

①頭の後ろ=背が盛り上がって見えるモノ。

②お腹の高さ(膨らみ)があるモノ。

③お腹に張りがあるモノ=腹の厚みのあるモノ

④尻尾が太いモノ

当地神奈川県で、丸魚のブリを買ったりもらったりすることは稀ですが、年取り魚として活用される西日本。

ブランドブリで有名な氷見では、「嫁ぶりがいい」の意味で新婦の実家にお歳暮として新郎の実家から送る(持って行く)風習があるそうです。

ちょっとした大人の嗜み・薀蓄として知っておくとイイですよ。(ブリ以外の魚にも共通する点あります。)

さて、ブリで思い浮かべるレシピと言うと、刺身、ブリ照り焼き、塩焼き、ブリ大根などが王道ですが、ちょっと飽きてしまったのと大人向け料理です。

我が家では、子供嗜好に思いっきり舵を切ってブリのカレー焼き、格好良く言えば「ブリのカレーソテー」を作ってみました。

 

作るのは簡単、ブリに粉をまぶしてオリーブ油で炒めるだけ。

それでもちょっとした秘密もあるんです。

下味は塩と鶏がら粉末スープでシッカリつけます。

まぶす粉には、カレー粉、小麦粉、塩を混ぜたものを使用します。

色目もキレイで、カレー風味の香りと風味が食欲をそそります。

いつもの味に飽きたら、是非お試し下さい。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー