トピックス

甘鯛は本当に甘~かった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Road To 九絵、なかなか実現しない困難な途。

そしてまだまだ通らないと行けない、いや食べなければいけない魚が星の数ほどいます。

千里の道も1歩からと言う諺のように、一魚一魚を地道食べて行く。

そんな苦行みたいな良い方しましたが、魚と料理、食べるのが好きなので全く問題なし。

ただ、金銭的な問題だけかな(笑)!

そんなこと言ってるのに、無謀にも高級魚アマダイに標準を向けてしまいました。

今回の題材は甘鯛、先日ブログにも登場した横須賀の長井水産㈱より出荷されたアカアマダイです。

仲卸横浜丸栄㈱細谷専務より声をかけて頂き、購入を決心しました。

どうやって食べようかな?

まずは定番かなと思い上身を昆布〆、下身をポアレかムニエルにしようと考えていました。

いざ三枚下ろし!

えっえ?私の鈍ら包丁では歯が立たない!しかも骨が本家の鯛並みにしっかりしている。

甘鯛は身が柔らかだと認識していましたが、こんなにも柔らかいとは「甘く」みてました。

なんとか捌いたものの、You Tubeでもっと事前研究しておけば良かった猛反省「甘かった」。

そしてここで、出来上がり時間を考慮してレシピ変更。アマダイのポアレと潮汁にしました。

ちょっとお下品です、中骨に残っている身肉を少し摘み喰いすると「甘い」!

ほんとうに甘鯛は「甘い」んだと感心。

俄然、料理をする意欲が高まりました。

第一の料理はポアレ。

ソースは白ワインベースで、ワインビネガーやレモン汁を加えた少し酸っぱい系。

甘鯛は皮目から焼いて、なんとなくウロコが立っているように仕上がりました。

第二はおまけの潮汁。

三枚に下ろした際にでてきたアラを利用して作ります。

注意すべき点は熱湯を使っての湯通し。臭味や血合いなどをキレイに取り除くことができます。

凄い脂でしょ!でも脂があっても諄くないんです。

う~ん、甘鯛は想像を遥かに超越して美味い。

私の子供たちは最初、「ウロコ食べるの?」「なんて魚?」と敬遠気味。

しかし、ソースをつけて身肉の側から食べなさいと注意すると急に寡黙に。

やった!子供が甘鯛の良さを認めた瞬間でした。

次も甘鯛を買いますか?と質問されたら、即答でOKだと思います。

またの機会があれば、違うレシピで是非挑戦したいです。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー