トピックス

生でも加熱でもいけますよ、アルゼンチン赤エビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も冷凍エビが解凍されています。英名 Argentine Red Shrimp アルゼンチン赤エビです。

コストコの店頭でも販売されることがあり、日本でも少しお馴染みになりつつあるエビです。

当然のことですが、輸入エビなので、漁獲後すぐに船内で凍結させた新鮮なものが日本国に入ってきています。

エビ職人の工藤社員、五月女社員に恐る恐る解凍後生でいけますかと質問すると、生食用だから大丈夫とのこと。

しかし、アルゼンチン赤エビは従前ヨーロッパ向けに販売してきたもので、当然外国では魚貝類を生で食べる習慣がないのが普通です。

解凍して生は刺身で食べても良いのですが、火を通した料理の方がエビとしての良さが引き出されるとのこと。

嘗て安価なボタンエビと揶揄されたアルゼンチン赤エビですが、残念ながらボタンエビのような上品な甘さは味わうことはできないようです。

しかし、火を通したシーフードパエリア、パスタ、丸ごと1匹を使ったオーブン焼き、そしてシンプルに塩焼き。焼けた殻の色味と香ばしい香り、そしてアルゼンチン赤エビ本来の旨味が引き立つそうです。

かっぱえびせん、坂角のゆかり、食欲そそられますね。食べ方は自由です。でもプロの職人がお勧めする本当に美味しい食べ方も、これから紹介して行きたいと思います。

IMG_9285 IMG_9284 IMG_9287

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー