トピックス

生子、鱈の卵巣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなりグロテスクな色と形。発泡ケースには生子と表示されていますが何の卵なの?

鮮魚課小島社員に聞いてみました。本当のタラコ、鱈の卵巣で生タラコです。

なんと、見た目からキン〇マとも呼ばれているそうです。(笑)(放送禁止用語ですか?)

一般にタラコと言われているのは、真鱈の真子(卵)ではなく、スケトウダラの真子であることは有名です。

黒い嚢胞の中は、とてもキレイな薄いピンク色の卵なんですが、少し見た目の第一印象が人に与える影響は大きいですね。

鱈の卵は、ご覧の通り大きく、袋が固いので、タラコには適さないそうです。

肝心の味の方ですが、スケトウダラ同様に、煮付けや焼きタラコ、たらこパスタ等美味しく頂けますよ。

IMG_6982 IMG_6983

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー