トピックス

生子、鱈の卵巣です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなりグロテスクな色と形。発泡ケースには生子と表示されていますが何の卵なの?

鮮魚課小島社員に聞いてみました。本当のタラコ、鱈の卵巣で生タラコです。

なんと、見た目からキン〇マとも呼ばれているそうです。(笑)(放送禁止用語ですか?)

一般にタラコと言われているのは、真鱈の真子(卵)ではなく、スケトウダラの真子であることは有名です。

黒い嚢胞の中は、とてもキレイな薄いピンク色の卵なんですが、少し見た目の第一印象が人に与える影響は大きいですね。

鱈の卵は、ご覧の通り大きく、袋が固いので、タラコには適さないそうです。

肝心の味の方ですが、スケトウダラ同様に、煮付けや焼きタラコ、たらこパスタ等美味しく頂けますよ。

IMG_6982 IMG_6983

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー