トピックス

男はつらいよ、アイナメ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しそうなアイナメの入荷が増えてきました。その中に体色がやたらと黄色、もしくは山吹色に変身した奴がいます。少し調べてみました。

実はこのように体色が変化するのはオスだけで、婚姻色に変身してメスを引き寄せるようです。人間でいう婚活ですね。(笑)

しかし、産卵期が終わると元の迷彩色に戻ってしまうそうです。メスが産んだ卵は、孵化するまで約1ヶ月かかりますが、オスが卵を守る使命を受けた訳ではないのですが、アイナメは無防備な卵を必至に守り続けるそうです。

卵を守るときはほとんどその場でしか行動しないので、エサをとりに行くことができないため、相当腹が減るようです。

時々空腹に耐えられなくなり、自分の守っている卵をパクッと食べてしまうこともあるとか、悲しい話です。

アイナメは北の魚だと市場で働くまで思っていましたが、日本各地で獲れる美味しい魚です。しっかりしまっているのに適度な脂が美味しく、生きたアイナメは鯛よりも高級なモノとなります。

アイナメは1年を通して味が変わらない魚とも言われますが、一般的に旬は「春~夏」にかけてと言われています。

肉質は白身で一見淡白そうに見えますが、意外なほど脂肪分の多い魚です。

コリコリした弾力がある食感は、食べる人を魅了すること間違いなしです。

IMG_0481 IMG_0564 IMG_0606 IMG_9893

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー