トピックス

白身魚?赤身魚?どっちなの、サワラ(鰆)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日に続き、本日も出世魚を紹介します。サワラ(鰆)です。

サワラは成長に従ってサゴシ→ナギ→サワラと呼び名が変わります。産卵後の夏場を除き、ほぼ年中美味しい魚です。

名前の由来は「サ」は狭い「ハラ」は腹を意味し、見たまんまのスマートな姿が語源のようです。

サワラの旬ですが、字のごとく春なのかと思っていましたが、この魚は回遊魚であるため、群れが沿岸を通りかかる時期がその地方の旬となります。

因みに、関東は寒鰆を好み、塩焼きと西京漬けが中心。関西は春鰆を好み、刺身、照り焼き、西京漬け、かぶら蒸し、押し寿司など食べ方も多いそうです。

西京漬けに京都の白味噌がピッタリなのは、京都の白味噌は香りがあまり強くなく、サワラの持ち味が生かせるためだそうです。

皆さん、サワラは白身魚なのか、赤身魚なのか、分かりますか?

答えは赤身魚なんです。

白身魚は根魚といって同じ地域で一生過ごす魚で、身が固く一般的に白い魚、淡白な味わいです。

それに比べ赤身魚は、長距離を回遊し身は軟らかく味が濃厚です。

サワラは、スズキ目サバ科の魚で、猛スピードで一生泳ぎ続ける回遊魚なんです。

すなわち、これが赤身魚と判断する根拠です。人も魚も見た目だけで判断は禁物ですね。

赤身魚であるサワラは脂の乗った、旨味ある濃い味が特徴です。

瀬戸内海で獲れるものは、鯛と比較される程美味とされています。脂の乗った寒鰆いかがですか!

IMG_7555 IMG_7556 IMG_7569

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー