トピックス

白魚、シラウオなのシロウオなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福島県より白い妖精が市場に到着しました。

かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

漢字で書くと「白魚」。

さて、何と読むのでしょうか?

シラウオ、シロウオ、ハクギョ?日本語って難しいですね。

正解はシラウオ。

ネットで検索してみると白魚=シラウオ、シロウオと検索すると別種の素魚がヒットします。

シラウオはサケ目シラウオ科の魚で、島根県宍道湖、茨城県霞ケ浦、そして青森県小川原湖が産地として有名です。

江戸前寿司ではお馴染みのネタで、かつては握りネタとして使われていましたが、今は軍艦巻きとしての登場機会の方が多いようです。

そしてこの魚江戸っ子になじみの深い魚で、かの徳川家康がこの魚を大変好んだとの記録があるそうです。

旬は冬と言われてますが、1年通して美味しいです。

透明で華奢なカラダに同調するように、シラウオは繊細な味です。

漠々食べるモノではないので、少しの量をゆっくり噛み締めて味わって下さい。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー