トピックス

皆さん、体調管理には充分気をつけて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は今朝から土砂降りの雨、そして急に気温は低下し、16.7℃まで記録しました。

今日は、本牧、小柴、富岡、平塚と周辺の漁協から大量の魚が入荷しました。

平塚市漁協の日海丸からは、大量のサバとミズカマスが入荷しました。

今日は、ミズカマスを紹介します。

ミズカマスとは、関東地方での呼び名、で正式名はヤマトカマスです。

カマスの語源は、口が叺(かます)のように大きいからと言う説。もう一つの説は歯が鋭い魚なので、「カマ」は「噛む」が変化したものであるとも言われている。

ミズカマスの旬は夏で、冬は漁獲されないそうです。肉質は柔らかく、少し水っぽいので、別名ミズカマスと呼ばれているらしいです。

ミズカマスと対比されるのが、アカカマス(本カマス)ですが、一緒に並べてみて写真を撮ったので魚体の色や体形を比べやすくしてみました。

色はミズカマスが青っぽいのに対し、本カマスは黄色っぽいです。背びれと腹びれの位置が上下同じ位置なのがミズカマス、背びれの方が腹ひれよりも尾に近いのが本カマスです。

ミズカマスは本カマスほど大きくならないそうです。

ウロコについては、ミズカマスは非常に木目細かなものでなっています。

肝心の味ですが、本カマスの方が美味しいようですが、味覚は、個人個人違うので、一般論としてご理解下さい。

捌く場合、魚体が細いので処理する内臓も少なく、ウロコも簡単に取れます。

塩焼簡単、皮目も旨味があるので引かずソテー、鮮度が良ければ刺身に挑戦してみて下さい。

IMG_2845 IMG_2837 IMG_2835 IMG_2842 IMG_2841

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー