トピックス

目で見て舌で楽しめる、ヒメダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島回りの魚が最近入荷も増え、大小様々なサイズが入荷している魚、ヒメダイを紹介します。

同じ島回りの魚でフエダイ科のハマダイがいますが、同じ赤系の魚でも御淑やかな薄いピンク色でとても可愛い姿。筆者的には魚の中でも1位か2位に位置する美形魚です。

当市場では、伊豆諸島や小笠原から比較的安定して入荷しています。ヒメダイは実に多くの名前、呼び名を持つ魚で、標準和名はヒメダイ。

関東ではオゴ、オゴダイ、ヒメの他、アカトンボ(静岡)コマス(八丈島)チビキ、ホンチビキ(和歌山、広島)沖縄ではクルキンマチなどと呼ばれています。

今回ネットで調べていてオオヒメと言うヒメダイの巨大種がいることを知りましたが、体長1メートルを超える大物らしいです。

新鮮な場合は背びれの上縁、尾びれの後縁が美しい緑色を呈しているので区別できる様です。白身の上質な味わいですが、脂がのった食材を好む現代人(若者)には物足りないかもしれません。

そのような場合は、少し脂を使ったソテーやポワレがお勧めです。生食も刺身よりもオリーブ油やスパイスを使った料理の方が好まれると思います。

今が旬のヒメダイ、是非食べて欲しい食材の1つです。

IMG_4601 IMG_4603 IMG_4605 IMG_4606 IMG_4607

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー