トピックス

目に眩しいアジが入荷してます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、仲卸㈱ムラマツの店先であるサカナの色に驚かされました。

サカナを見てある程度察しがつきましたが、その正体は「奥地あじ」でした。

最近入荷している「奥地あじ」は、かなり黄金色が際立っています。

今日も鮮魚課五十子社員のセリ場に並んでいます。

買って行く買受人は、超一流の料理店等をお客様に持っている仲卸や売買参加者です。

同じアジでも用途によって、扱いは様々です。

「奥地あじ」のような最高級扱いのものから、量販店などで販売される一般大衆用まで、産地も違えば魚体の色も違います。

そしてセリ場に並ぶことがない、アジの干物など加工用原材料として利用されるモノまであります。

どれだけアジの味に違いがあるのか?

支払った金額に比例した美味しさ、味わいは楽しめると思います。

水産物の取り扱いを生業にしている当社社員であっても、いつも高級なアジを食べている訳ではありません。

そして、量販店に並んでいるアジが不味いことは絶対にないのです。

サカナの値段は、ブランド、産地、漁法(釣りか否か)、獲れた場所(瀬付きか否か)、魚自身の状態(傷の有無)、輸送方法など等で決まります。

様々な条件がBESTであれば、それなりの金額になるんです。

分かり易く言うと、付加価値の積重ねで値段が決まるんです。

因みに「奥地あじ」は、愛媛県三瓶湾で一本釣りで獲れた瀬付きのアジです。

【三重県安乗の釣りあじ】

【山口県仙崎の瀬付きあじ】

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー