トピックス

目に眩しい黄金メバル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉漁協から活きの良いアオリイカ、スミイカ、モンゴイカが入荷。その中に入荷量は少ないのですが、メバルも出荷されてきます。

今までは普通にメバルだなと見過ごすところなんですが、今は少し気になる点があるんです。

それは魚体の色”黄金のメバル”なんですよ。ネットで調べたら、相模湾の長井沖などでイワシメバルの仕立船より釣果を撮った風景が沢山ありました。

相模湾で獲れるメバルは、大きく言うと赤や茶色、黄金に分かれ、小柴は赤っぽい魚体で、鎌倉は茶色か黄色味がかった黄金色です。

ワカメやカジメなどの海草やイワシなど豊富な餌がある相模湾で獲れるメバルは、魚ががっちりとして元気ハツラツです。

味の方も甘味の濃いしっかりと歯ごたえのある身で美味しい。体高があり、身が厚いので、メジナを捌いている感じと表現する人もいますが、絶品の味わいです。

ブランド化されているようですが、もっと知名度が上がっても良い地元の魚です。

IMG_3245 IMG_3247 IMG_3242 IMG_3258IMG_2994

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー