トピックス

目に眩しい黄金メバル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉漁協から活きの良いアオリイカ、スミイカ、モンゴイカが入荷。その中に入荷量は少ないのですが、メバルも出荷されてきます。

今までは普通にメバルだなと見過ごすところなんですが、今は少し気になる点があるんです。

それは魚体の色”黄金のメバル”なんですよ。ネットで調べたら、相模湾の長井沖などでイワシメバルの仕立船より釣果を撮った風景が沢山ありました。

相模湾で獲れるメバルは、大きく言うと赤や茶色、黄金に分かれ、小柴は赤っぽい魚体で、鎌倉は茶色か黄色味がかった黄金色です。

ワカメやカジメなどの海草やイワシなど豊富な餌がある相模湾で獲れるメバルは、魚ががっちりとして元気ハツラツです。

味の方も甘味の濃いしっかりと歯ごたえのある身で美味しい。体高があり、身が厚いので、メジナを捌いている感じと表現する人もいますが、絶品の味わいです。

ブランド化されているようですが、もっと知名度が上がっても良い地元の魚です。

IMG_3245 IMG_3247 IMG_3242 IMG_3258IMG_2994

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー