トピックス

目に良いキンメダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三宅島、神津島など東京都から目に良さそうなサカナが入荷しています、キンメダイです。

こんなに間近にキンメダイの目を見れるのも、市場関係者の特権なのか。

アップでサカナの顔をカメラで撮っていたら、何者と絶対に思うはずです。

しかし何時みてもキレイな瞳、何処となく金色に見えませんか?

それもそのはずキンメダイの由来は、目が金色であるからと言われています。

サカナは殆どが近眼で、人間が言う視力は0.1から0.2程度と言われています。

キンメダイも視力は悪いのですが、視覚を他のサカナに比べ優れており、暗い深海の中でもシッカリ餌を捕食しています。

キンメダイの赤・朱色は、天然色素カロテノイドの1種「アスタキサンチン」によるもので、非常に高い抗酸化作用を持っているので、化粧品、健康食品などで幅広く利用されています。目にも例外なく、非常に良い役割を持つそうです。

それではキンメダイの目はカラダに良いのか調べてみたら、ビタミンB1、DHA、EPAを多く含み、目にもカラダにも良い栄養が沢山含まれています。

ビタミンB1水溶性なので水に溶けやすく、DHA,EPAは脂肪分で火を通すと成分が減少してしまうので、そのまま生で食べるのが栄養的には一番良いのですが・・・・・・。

透明なゼラチン状の硝子体と呼ばれる箇所は、タンパク質で出来ているので、熱を加えると白く固くなるので、個人の好き嫌いの世界になってしまいます。

筆者的には、子供の頃は遊びで口に入れたりしてましたが、大人になって煮魚で目の周辺は食べたり、骨までしゃぶったりしますが、ちょっと引き気味です(苦笑)。

img_0195 img_0203img_0194

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー