トピックス

目の毒、しかしその名前にはそそられますアカムツ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

週末ですから鑑賞に堪えられるサカナ、いや目に毒なサカナを紹介しましょう。

何が毒かと言うと、兎に角美味しい。しかしその値段を聞いたら、度肝も抜かれるくらいです。

その正体は、何度もブログで紹介しているアカムツ(ノドグロ)です。

今日セリ場にならんでいたのは、三重県引本から入荷された「釣りモノ」のアカムツです。

アカムツは、漁獲場所や漁獲方法によって値段に大きな差が出ます。

画像のアカムツのキロ当たりの取引値は、高級牛肉「松阪牛」、「但馬牛」には届きませんが、地元神奈川の葉山牛と大体同じレベルです。

この値段は市場の価格ですから、買受人、鮮魚専門店と流通を幾つか通過すると「福沢諭吉」先生一人では当然購入出来ないと思います。

見た目も料理の一部といった高級指向の飲食業者は、高価であってもお客様の注文があれば購入していきます。

フリーで店先に並べて簡単に売れるものではないので、仲卸でも特定の先しか買って行かないスペシャルな存在です。

かなり目線を高くし過ぎた印象もありますが、いつかはアカムツを食べてみたいな。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー