トピックス

目元をよく見て、メアジ(目鯵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸ともにアジが大量に入荷、当社グループ会社館山丸魚(株)

からも立派な大アジがセリ場に並んでいました。

川長三晃丸からはマアジだけでなく、メアジ(目鯵)も入荷しました。

本日は、メアジを紹介します。

マアジに似ていますが、様々な部位が少し違うようです。

まずは、メアジと呼ぶくらいマアジに比べて目が大きいのが大きな特徴です。

今日入荷しているメアジには、ハッキリと出ていませんが、体の中心よりやや上に黄色のラインが入っています。

ゼイゴが体の後部のみにあり、鰓蓋の後ろに窪みがあることも見比べる際に決定的相違する点です。

鰓蓋の内にも突起のあり、なしで区別が出来るそうです。

旬は秋から冬。生食(刺身、マリネ、酢締め等)の他、塩焼、フライ、煮付けなど調理方法を選びません。

一度ご賞味あれ。

IMG_4971アジ IMG_4978メアジ IMG_4970アジ IMG_4975メアジ IMG_4934

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー