トピックス

目利きは魚の変化を見逃さない(サバ編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追っ駆けが平塚、鎌倉からやって来ています。平塚はアジ、サバ、タチウオ、鎌倉はアオリイカ、メバル、トビウオ。いつもと大きく違うのは、マルソウダガツオが30箱も入荷しました。

そして同じ魚種でも少しずつ変わっているものがありました。それは、マサバの中にゴマサバが混じり始めたことです。

仲卸は入荷された発泡の箱を見て、異口同音、“ゴマサバいるね”と話しをしながら魚を品定めしています。

さて、サバの旬は10~12月「秋サバ」「寒サバ」などと呼ばれるように、秋から冬にかけて脂がのり美味しいです。

しかしゴマサバは、一年を通してあまり味が変わらないのですが、その中でも6月~10月頃に脂がのり大変美味しくなります。

マサバとゴマサバは、取引される値段も違えば、味わいも異なります。

両者の見分け方は、目利きのプロである当社社員、仲卸、漁師の話を聞いているととても楽しいです。

識別点①・・・ゴマ状模様の違いから判断

識別点②・・・持って握って平たい(縦長)の方がマサバで、丸いのがゴマサバ。

識別点③・・・第一背ビレの棘が8~10本がマサバで、棘が10~13本がゴマサバ。

識別点④・・・とてもマニアックですが、第一背ビレの基部の長さ>第一背ビレと第二背ビレの間隔がマサバ、逆なのがゴマサバだそうです。

様々な識別点を総合して判別しますが、人間にニュータイプがいるように魚にもハーフやクォーターみたいなものがいます。

水揚げされた魚の選別には、時間をたっぷりかけて行うことはありません。特にサバは鮮度が落ちるのが早く、“サバの生き腐れ”と言われる取扱は注意が必要です。

ぐずぐずしていると魚が腐っちゃうので、多少マサバとゴマサバが混ざっていても大目に見て下さいね。

IMG_5158 IMG_5159 IMG_5162 IMG_5163 IMG_5171

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. タカベが入荷し始めたと思ったら、鮮魚課佐藤社員のセリ場が一気に賑やかになってきました。
  2. 梅雨入り前の本日の『追駈け』小型中心の真アジが、だんだん増えて参りました。
  3. 本格的な旬到来、美味そうなイサキが全国各地から入荷されています。
  4. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  5. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...

アーカイブ

市場カレンダー