トピックス

相模湾の海は少しづつ春めいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、今日と朝の寒さは真冬並みですが、三寒四温ではないですが少しずつ春が近づいています。

それが証拠に、平塚市漁協の川長三晃丸、日海丸2船からの追っ駈けの地魚の入荷が続いています。

海が確実に変わり、獲れるサカナにも変化が見られ大羽?大羽ほどの大きさではないかな正直。普通にマイワシですね。

マイワシが2船合わせて100箱超の大量入荷、休市前の14日には江ノ島周辺でマイワシが大量に湧いたとも聞いています。

活けモノもクロダイ、イシダイ他ホウボウと魚種が確実に増えています。春っぽい桜鯛(マダイ)も何とも言えない色を放っています。

昨日は強風のため、東京湾の内湾や千葉の内・外房の漁がなく、今朝のセリ場は若干寂しかったのですが、追っ駈けの登場で一瞬活気が出たように思います。

明日も大漁、期待してますよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー