トピックス

真マスと時鮭どう違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮮魚課北海チームのセリ場に、鱒と鮭が並んでいます。

真マス(=桜鱒のこと)と時鮭(=ギンザケ)、ネット上でも見分け方がたくさんアップされています。

しかし実際に2種類のサカナを目の前にして、決定的な差異を見つけられませんでした。

両者の相違点(前者=桜鱒、後者=時鮭)

・顔付 桜鱒は少し厳つい表情、時鮭は温和に表情。(かなり私見が入ってます。)

・目玉 時鮭は別名大目と呼ばれ、黒目が大きいのが特徴です。

・尾鰭 桜鱒はV字に切れ込みあり、時鮭は真っ直ぐか切れ込みが浅い。

・尻鰭 時鮭は全体に白く縁は真っ直ぐ。(赤く染まって分かりずらい!)

・鱗  桜鱒は小さめ、時鮭は大きめで剥がれ落ちにくい。

言われてみると、「なるほど?!」と言った印象です。

敢えて両者に優劣をつけるのなら、味も値段も時鮭の方が上ですね。

追伸

この画像をご覧下さい。さて、桜鱒それとも時鮭?

正解は、桜鱒なんです。

生物には、ハイブリッドがあるんで本種もその可能性が高いですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー