トピックス

真鱈をたらふく召しあがれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。

北海道では外に置いておくと凍ってしまうので、凍らせないために冷蔵庫を使うとか・・・・・。

今の時期、大物(マグロ)低温倉庫とセリ場(外気)を比較すると、セリ場の方が寒いのでメガネの曇りを心配する必要がありません(笑)。

これだけ寒くなったら絶対に『鍋』ですよね。

そしていい食材が並んでいます『真鱈』です。

でっかく成長したオス!オス?オス・・・・・。

真鱈は基本的にはオスの方が高値で取引されています。

なぜ?!

見て下さい見事な㊕、㊕、㊕、㊕、㊕の真キク。

真鱈のオスのお腹の中には、高級食材の白子=真キクが入っているんです。

そして、なにこの黒い卵って思わず叫んでしまいますよね。

正体は真鱈の卵巣=真鱈子、これが本当のタラコです。

真鱈は、120%楽しめる冬の大切な食材です。たらふく食べて下さい。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー