トピックス

石畳?擬態ですかメイタガレイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場にキレイな石畳。そんなことはないですよね。

正体は、丁寧な仕立てで出荷されている「メイタガレイ」です。

菱型の体型と、眉間にある鋭い突起がトレードマークです。

サイズは少し小さいですが、ふっくら厚みがあり、加工している訳ではありませんが魚全体がキラキラ輝いて艶があります。

鮮度がイイ証拠だと思います。

旬と言われている時期は春から晩秋の頃、晩秋から冬にかけては産卵期に入るからだと思います。

ネットを見るとどちらかと言うと人気が西高東低、関東よりも関西で人気があるそうです。

今日セリ場に並んでいるメイタガレイは福島県いわき市より出荷されたもので、当市場ではお馴染みの存在です。

こんなに小さいと三枚に下ろすより、丸ごと唐揚げを煮付けにして食べるのがいいですね。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー