トピックス

礼文島のボタンエビ漁もあとわずか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お盆明け、北海道へ家族旅行に出かけました。そこで市場の良さを再発見、再認識させられました。

北海道と言えば海産物の宝庫、さぞ新鮮なモノが安く手に入るものかと思いきや、行くところほとんどが観光地価格にがっかりでした。

言ったところが悪かったかな(苦笑)。

当市場に入荷している海産物の方が、鮮度が良く美味しそうでした。

特にボタンエビは、市場に入荷されているモノの方がサイズ展開も豊富で格段に良さそうでした。

ボタンエビと言っても正式名はトヤマエビですが、お土産用として扱われるものと、高級料亭・寿司屋などで使用されるモノでは元々違うのかも。

今日も礼文島香深産のトヤマエビが入荷していますが、サイズも大きく、鮮やかな赤、色艶が美しく、美味そう。

トヤマエビの漁は6月下旬から9月下旬の3ヶ月と厳しく決められ、資源が枯渇し内容に管理されています。

特に特大サイズに成長するためには、零度近い海水温で約6~7年の年月を要すると言われています。

日本最北限の島、礼文島の海で育ったトヤマエビを食べれるのもあとわずかですよ

7年モノの巨大トヤマエビを食べてみたい。

IMG_8551 IMG_8549

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー