トピックス

祝い事には、きんきを食べるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、見ただけで脂が乗って美味しそうと感じる魚、きんきを紹介します。

正式和名はキチジ、漢字では吉次、喜知次と表現されますが、市場では「きんき」という名称が一般的です。釧路市などの道東地域では「めんめ」と呼ばれています。

北海道では、南国系の鯛が獲れないため、祝い事にはこのきんきが膳に上がることが多かったようです。

魚体が赤色という点では鯛と一緒ですが、違うところは脂の乗りです。

同じ白身魚の鯛の脂肪分が5~10%前後、鰆が10%に対してきんきは20%と他と比較にならない程です。

ちなみに20%の水準ですが、全身トロ状態と呼ばれている幻の鮭「鮭児」や前浜で水揚げされる時鮭、大型のトロサンマも同じくらいあります。

脂が乗っているのに全くしつこくなく、さっぱりしているため、一度食べるとその上質な美味しさに魅了されること間違いなし。

美味しい食べ方ですが、鉄板の料理方法「煮付け」ですかね。鮮度が良ければ刺身も最高です。きんきの一夜干しもいけるそうです。

是非とも食べたい魚なのですが、所謂、「高級魚」のカテゴリーに属する魚なので、スーパーにはあまり陳列されていることはないと思いますが、見つけたら是非買って食べてみて下さい。

IMG_6897 IMG_6922 IMG_6927

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー