トピックス

祝・ブリ豊漁、もしかしたら湧いているかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はサンマ・鮭など記録的な不漁で、全国の水産関係者を悩ませました。

しかしブリだけは、どうやら例外のようです。

鮮魚課の小島社員のセリ場で、地元神奈川県松輪漁協のブリを発見。

そして、アジやダルマイカの出荷者として市場でも有名な㈱ヤマフからは、10k超の立派なブリが数十本入荷されています。

何気なくセリ場を見渡すと、鮮魚課だけでも近海、関西、北海のセリ場に美味そう、いやいや丸々太ったブリたちが揃っています。

並んでいるブリを見ている方はワクワク楽しいけど・・・・・。

同じ魚種が被っている営業担当者は必死です。

たまたま商談交渉中の様子をパシャ!

どうしても、OOぶりなどと有名なブランド名が付いた魚は値段が高くなるのは当り前です。

しかし、同じ日本海側の北陸で獲れたブリと九州で獲れたブリでどれだけ味が違うのか?

1年中魚をいつも見ている当社営業社員や仲卸に聞けば、その答えを教えてくれますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー