トピックス

福を丸飲み、鈍子(どんこ)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だんだんとマニアックになってきた気がしますが、アンコウにも通ずるトロトロ感に完全に魅了されましたエゾイソアイナメです。

標準和名よりも「どんこ」と言う言葉の方が馴染み深いかもしれません。

実は、先日筆者が住む辻堂の魚やの店先にも並んでいたんですが、その時はスルーしてクロソイを買ってしまいました。

どんこは、太平洋側は北は北海道から三重県沿岸、日本海側は青森県津軽海峡から山口県くらいまで水揚げされます。

なので、辻堂に売っていても不思議ではないのです。

見た目がグロイどんこですが、甘辛いタレで煮付けにすると最高に美味いそうです。

カラダ全体からよい出汁がでて、極めつけは、「どんこの肝が何とも言えぬ味わい。」とネット上で絶賛されていることです。

白身で上品な味わいなので、鮮度がよければ生でもいけるそうです。そして見かけによらず塩焼きでもいけるそうですが、焼いたら炭になりそうです。

どんこは貪欲で、どんなモノでも丸飲みしちゃうそうです。

三陸地方では、どんこの口が大きいほど福がたくさん入ると言われています。

今日入荷しているどんこには、どれだけの福が詰まっているのかな?

img_1807 img_1803 img_1806

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー