トピックス

秋鮭、ただいま入荷量が増加中です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。

言わずともご存知だと思いますが、筋子の元(親)はサケです。北海道は、襟裳の海から出荷された丸のままのサケです。

週が変わっただけなのに、ガラッと秋めいた感じ。

その変化に同調するように、出荷される生筋子の出荷者も鮭フィーレ、白子など確実に数量が増えています。

鮭フィーレを見ると、サーモンピンクが目に眩しく、瑞々しく光る身肉は見る人を虜にする不思議な魔力がありますね。

「初物七十五日」と言う迷信がありますが、初物を食べると75日寿命が伸びるということです。

今の時期のサケを食べれる人は「幸せ者」ですね。

生気溢れた「初物鮭」を食べたら、きっと元気になって迷信通り長生きできるかも。

ところでどんな味わいなんでしょうか?

是非、実際に食べて皆さんにお伝えしたいですね。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー