トピックス

空気穴?何がいるの?正解はウチワエビ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県下関からの荷物がセリ場に並んでいます。なぜだか発泡の蓋には穴が開いてます。

箱には「活・甲エビ」と記載されています。

箱を開けてみるとウチワエビで、湿らせた新聞紙が一緒に入っていました。少々丁寧に扱わないと、仮眠から覚めてしまうので要注意です。

甲エビとは山口県下関での呼び名で、ウチワエビはバタバタ、ピチピチ、パッチンなどかなり多くの地方名・市場名があるんです。

今日入荷しているモノは、珍しくキレイな外子(卵)を抱えていました。

日本国内での漁獲量はそれほど多くありませんが、東シナ海、フィリピン諸島ではかなりまとまって水揚げされるそうです。

ネットで詳細調べていたら、ベトナムでウチワエビモドキを1匹1,000円で食べた内容がアップされていましたが、国産だと半身も到底買えない値段です。

値段はリアルとモドキで差があるのは当然ですが、ネットで販売されてモノを見ると1㌔7,000~8,000円ぐらい(少し盛り過ぎ)と超高級素材です。

ウチワエビの味は、伊勢海老と肩を並べるレベルの美味しさと称されています。市場で働いていたら、ウチワエビは1度は食べてみたいですね。

しかも活けのウチワエビですから、レア指数は非常に高いです。

関東近県で入手するとしたら、シラスで有名な舞阪港辺りで水揚げされるそうです。

遠州灘の深い海には面白い生き物が沢山いますね。

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー