トピックス

立派な大きさです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かなり大きいサイズの魚が入荷しています。

長崎県産天然のクエ、富岡から入荷したアカシタビラメ、鰈の王マツカワガレイ。

成長とともに名前が変わる代表選手スズキも、フッコ、セイゴ、スズキと様々なサイズが入荷しております。

一般にスズキの旬は夏と思っていましたが、意外とセリ場で見かけることができました。

なぜとの疑問がムクムク。インターネットで検索、調べてみました。

スズキは冬になると産卵や越冬のために湾内を回遊するため、たまたま網にかかった冬のスズキが寒スズキとして水揚げされることがあります。

冬のスズキは、ネコまたぎと言われて美味しくないとされていますが、実は産卵前のスズキは脂が乗っていて美味しいです。

しかし産卵前のスズキを大量に捕獲することはスズキの種の保存にも影響があることから、積極的に寒スズキを捕獲することはないかと思われます。

故に東京付近に水揚げされた寒スズキは、場合によっては高級魚とされて高値で取引されています。

ただし、千葉の房総半島や、三浦半島、伊豆半島などでは普通に寒スズキは水揚げされて、口にすることが出来るそうです。

IMG_6813 IMG_6794 IMG_6795 IMG_6796 IMG_6789 IMG_6790 IMG_6793

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー