トピックス

精悍なマスクのクロダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々、平塚市漁協川長三晃丸の追っ駆け入荷しました。今日はあがりクロダイ、活けクロダイが大漁です。

クロダイも成長によって呼び名が変わる出世魚で、関東ではチン、チンチン、ケイズ、クロダイと呼ばれています。

クロダイはよく”チヌ”と呼ばれるのですが、調べてみました。

茅渟海(ちぬのうみ)=大阪湾のことを古くはこのように呼んでおり、かつて大阪湾でクロダイが良く釣れたことからこのように呼ばれるようになったそうです。

旬は秋から春(産卵期の春、初夏を除いた時期)雑食性でスイカや果物も食べちゃうくらいどん欲で、生息地域も内湾の河口域にいるせいなのか、少し磯臭い身質のため、人によっては好き嫌いされる魚です。

白身の上品な身質ですが、臭いが気になる人は、カルパッチョや、あえて香草、スパイスなどをふんだんに使った香草焼なんて良いですよ。

IMG_7163 IMG_7168 IMG_7176 IMG_7177IMG_7184

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー