トピックス

縁起を担いで、出来るだけ前向きに考えよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり、年初だから前向きな姿勢全開でいきましょう。

どうやら「病は気から」と言われるように、物事ネガティブに考えたり、ネガティブな発言をしていると自分への暗示になってしまうようです。

よくスキーやスノボーで「最後」の一本滑ってなんて筆者も良く言いますが、「最後」と言う言葉のせいか最悪の結果になることもあるそうです。

言葉を選んで使うことで、運気を下げずにいられるかも。(変なこと言ってますが、筆者は宗教家ではないです。)

そして、口に入れるもの=食べ物も運気の上がる縁起物がいいですね。

今日セリ場を見渡して探した中では、出世魚ブリの成長過程ワラサですかね。

横須賀市佐島や鳥取県境港から、魚体は小さめですが丸みを帯びて如何にも脂がのって美味しそうです。

img_3505 img_3502 img_3506

ブリは関東では、モジャコ⇒ワカシ⇒イナダ⇒ワラサ⇒ブリと成長と共に呼び名が変わる出世魚の代表選手です。

年取り魚として使われ、関西以西の嫁ブリの風習や九州の有明海沿岸地域では結納の一品としても活躍しているとてもめでたく、縁起の良いサカナです。

正月食べ過ぎていつものペースを崩している人は七草粥で胃腸を整えて、あっさり派はブリしゃぶで余計な脂を落としつつ野菜たっぷり頂いて、こってり派はブリ照りなんてどうですか?!

img_3513 img_3510 img_3511

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー