トピックス

美しい薔薇には棘があり、美しい鬼笠子には毒がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、活けモノでとてもキレイなサカナが富岡より入荷しました。

その美しさは活けのノドグロにも匹敵するもので、どうしても紹介したくてアップしました。

その正体は、オニカサゴ(鬼笠子)です。

筆者自身も、活けの状態で見る機会はそれほどありません。

鮮やかなオレンジ色、朱色の体色は鑑賞に値します。そして外見だけでなく食べても美味しい魚です。

しかし、「美しい薔薇には棘がある」の喩えのように、美しいそして美味しい鬼笠子には毒があるんです。

と言っても、致死に至るほどの毒ではありませんが、かなり痛みが長引くそうなので取扱いは十分注意して下さい。

もし不幸にもオニカサゴの棘が刺さってしまったら、毒を吸出し、50℃くらいの温度のお湯や海水に浸けて下さい。

オニカサゴの毒素成分はタンパク質で、患部を温めることでタンパク質が変性、無毒化して拡散しないそうです。

オニカサゴの美味しさは、時に伊勢海老にも例えられるほどです。

まず、高級鮮魚店の店先であってもお目にかかることが出来ず、自分で釣り上げるか、料理屋で食べるしかない超高級魚です。

刺身は抜群に美味しく、フカカサゴ科の魚ですから煮付けや汁物にしても、骨や内臓からの美味しい出汁が楽しめると思います。

オニカサゴは、成長速度が遅く数が少ない根魚として知られています。

種苗放流もされていないので乱獲を避け、釣り人には体長25㌢以下はリリースをお願いしているそうです。

貴重なオニカサゴ、1度は食べてみたいですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー