トピックス

美味しい魚が集まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーウィーク明け、今日から本格的なリスタートですね。

期末月でもありますので、早く本調子に体調を戻し、頑張りましょう。

天気は快晴で気持ちの良い秋空ですが、台風21号只今、日本に接近中です。

予想では、9月27日(日)頃沖縄を直撃と言う進路も想定されている様です。

市場には現在、日本全国から様々な魚が入荷しており、セリ場を賑わっています。

横須賀市東部、小柴、富岡、そして平塚市漁協から獲れたて鮮魚も大量に入荷しています。

今日は、平塚市漁協の日海丸より、釣りもので珍しい魚が入荷したので紹介します。

1匹目は、お馴染みのアカムツ(ノドグロ)です。かなり魚体も良く高値で取引されそうです。

2匹目は、相模湾でシロムツと呼ばれているオオメハタです。

アカムツ同様ホタルジャコ科の魚で、どことなく似ていますね。

美味しいクセのない白身の魚で、取引値も高めで取引されています。

刺身、焼魚、醤油との相性が良い煮付けはお勧めです。

最後に紹介するのは「すみやき」正式名は、クロシビカマスです。

ドコゾノ深海魚?と思ったら、昼は水深500メートル前後の深海に、夜は水深150メートルまで浮上して生息しているそうです。

すみやきは、見た目でこの様に呼ばれており、小田原・西湘地区では、珍重された魚で、隠れファンが大勢いる地元メジャーな魚です。

触った感じは見た目通り、プヨプヨ、トロトロ、肝心の味ですが、鮮魚課佐藤課長から「鋤いて食べる」と言われイメージが・・・・。

調べて分かったことですが、硬い骨が何列にも並んでいるため、煮付けは骨を避けながら身をそぎ取る、鋤いて食べると言った表現がピッタリです。(生も同様です)

とにかく脂が乗っているので、人によっての好き嫌いはあるようです。

今度地元辻堂の「魚芳商店」で探してみよう。

IMG_3116 IMG_3115 IMG_3117 IMG_3088 IMG_3106

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー