トピックス

美味もの市場、横浜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もセリ場を廻って気になるものを紹介します。まずは、ボラです。

10/22日に紹介しましたが、メスの子持ちのボラ。見て下さい、この立派なお腹を!!

この中に高級食材、カラスミが入っているんですね。

カラスミは、ボラなどの卵巣を塩漬けし、塩抜き後、天日干しして乾燥させたものです。

写真のカラスミは台湾産です。

薄切りにしたカラスミをご飯にのせて刻み海苔、ネギ、そして緑茶で茶漬け、おしゃれにカラスミのパスタなんてどうですか。

2つ目は、アンコウ(鮟鱇)です。

アンコウの吊るし切りは有名ですよね。セリ場には丸々一匹のものや、ブツ切りにしたもの、あん肝付きで各部位が1セットになって、すぐにアンコウ鍋が出来るものまで様々です。

アンコウ鍋は「東のアンコウ、西のフグ」と呼び称される冬の味覚、関東近郊では茨城県が有名ですね。

見た目は、グロテスクですが肉は脂肪が少なく低カロリー、そしてコラーゲンたっぷりで女性にも大人気です。

特に12月から2月が肝が肥大して美味しい時期です。是非この冬食べて下さい。

最後にシャコです。

富岡、小柴から活シャコが入荷していますが、写真のシャコは北海道産と青森産です。

東京湾や瀬戸内などが産地として有名で高値で取引されていますが、最近は漁獲量が減っています。

江戸川前の代名詞的存在のシャコですが、最近は東北、北海道からも多く入荷されています。

今日のシャコは大ぶりで美味そうです。

活シャコが入荷する当市場は、他にアピールできる貴重なセールスポイントかもしれません。

IMG_4879 IMG_4882 IMG_4881 IMG_4892 IMG_4862トップ IMG_4867 IMG_4802 IMG_4907 IMG_4905

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー