トピックス

美国の塩水ウニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月中旬から始まった今年の北海道積丹(しゃこたん)町のウニ漁も、いよいよ残り数日になりました。

美国(びくに)の塩水ウニと言えば、セリ場のイチオシ商品。

美国沖の豊かな海で育ったキタムラサキウニは、磯舟で1つずつ手揚げし(漁獲量も1日最大2籠まで)、

殻割後【塩水パック】に詰め出荷し、8月いっぱいで終了してしまいます。

この【塩水パック】は、ウニ本来の味を保ちつつ、型崩れも起きにくい構造になっています。

仲卸曰く、美味しく食べるポイントはパックの中に水切りザルが付いているので、一旦ザルごと取り出し、

冷蔵庫で5分~10分水分を飛ばすとなおウニの風味が強くなるとの事。

塩水ウニ画像

IMG_2747

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 可愛い奴がセリ場にいました。湘南の海にはお馴染みのショウサイフグとシロサバフグです。
  2. 今日は、当社が水産物卸売業故に見ることが出来る光景を紹介します。
  3. またもや、大阪湾よりボラが入荷しました。
  4. 昨日は折角の休日なのに珍しく曇天、海は時化て、俄かサーファーは海に入っても波に乗れずじまい(笑)。
  5. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。

アーカイブ

市場カレンダー